坂口登(さかぐちすすむ)現代美術作家

1944年、大戦末期日本で生まれ12才で渡米。

14才からオーティス美術学校にて本格的美術教育を受ける。 カリフォルニア芸術大学(Cal-Arts)大学院を首席で修了し、そののち現代美術最前線であるニューヨークにて 作家活動を続ける。 1977年、Susumu SAKAGUCHI EXHIBITION(N.Y.ノベギャラリー)にてイサム・ノグチより認められ1977年〜1988年、イサム・ノグチ没するまでの10年間、ニューヨークチーフアシスタントを勤めあげる。

1981年、原美術館の企画を皮切りに日本においても作品を発表することとなる。 東洋と西洋のはざまで、アーティストの純粋なる意識を通し「自己のルーツ」を見定め、知覚とその変貌を通して、 「ダブルアイデンティティ」より独創されたMETAMORPHOSIS PERCEPTION PAINTINGの絵画形式を醸成する。
 
私は、第二次世界大戦の末期の1944年に日本で生まれ、1956年、12歳のときアメリカ合衆国に移住し、ロサンゼルスのダウンタウンで育った。14歳からオーティス美術学校で美術の勉強を始め、1971年、カリフォルニア芸術大学(Cal-Arts)の大学院修士課程に入学した。同大学院では、ナム=ジュン・パイク(ヴィデオ・アート)やジョン・パルデッサーリ(概念芸術)、アラン・カプロー(ハプニング理論)、マックス・コズロフ(美術史・美術批評)、ラヴィ・シャンカール(音楽理論)らの教鞭のもとで勉学し、メアリアム・シャピロとポール・ブラックに絵画を学んだ。当時、この学窓でともに学んだ仲間には、ロス・プレックナー、ゲイリー・ラング、ジャック・ゴールドステイン、エリック・フィッシュル、デイヴィッド・サーレら、現在、世界各地で活躍するアーティストたちがいる。カリフォルニア芸術大学(Cal-Arts)の大学院を卒業後、1973年にニューヨークに移った。

日本とアメリカという、ふたつの文化的体験を浴びていることを気づかされて以来、私は、自分自身が抱く心象への感受性が、イメージと観念とを茫然とした両義的なかたちで受け取っていることを、実感し始めたのであった。イメージと観念とが示すこの両義性に明晰さを与えるべく、私は、二つに分割したカンヴァスに向かい、一連の時間のなかで絵を描くようになった。筆を振り、絵具の飛沫を飛ばして小さな点を作る。”スプラッシュ”(はねかけ)の技法を用いながら、飛沫の点による層を幾重にも重ねて、画面全体を無の境地へと導いていく。その一方で、明晰な意識によるイメージを描く。


折り重なる色彩の層は、潜在意識の状態を変貌させていく。私の二重の文化的体験は、イメージと観念そのものでもある。私自身のこのリアリティを、絵画を描くプロセスを通じて把握し、そして表現したいのである。

坂口登

I was born in Japan at the end of World War II, immigrant to the United States of America in 1956 at age 12. I grew up in downtown Los Angeles. I began my study of fine arts at Otis Institue of Arts at age 14 and enrolled in California Institute of Arts of Graduate School in 1971. Studied under Nam-June Paik/Video-Arts; John Baldessari/Conceptual-Art; Allan Kaprow/Concept of Happening; Max Kozloff/Arts History and Criticism; Ravi Shankar/Concept of Music; painting by Mariam Schapiro and Poul Brach. Among the students were Ross Bleckner, Gary Lang, Jack Goldstein, Eric Fischl, David Salle and others. After finishing Cal-Arts, I moved to New York City in 1973.

Since I was caught in a double cultural experience, I began to realize my sensibility of consciousness has ambiguously apprised that of images and sense.To clarify the ambiguity of images and senses, I began to paint in two separate canvases in one single length of time by splashing paints of Mist into dots with brush, layers into layers,
and controlling dots of totally meditation. On the other mind I painted images of clear conscious.

The layer of colors transforms subconscious state;my double cultural experiences are also images and senses which I hope to understand and translate of self-real, through the process of painting.
SUSUMU SAKAGUCHI
 
坂口登(さかぐちすすむ)
1944 熊本県に生まれる
1956 渡米
1971 シュナード美術大学卒業(学士)
1973 カリフォルニア芸術大学大学院修了(修士)
1977-1988 イサムノグチ ニューヨークアシスタントを務める
 
 
 
個展

1973 ギャラリー (ロサンゼルス)
1977 ノベギャラリー (ニューヨーク)
1979 アレクサンダー・ミリケンギャラリー (ニューヨーク)
1981 ギャラリー手 (東京)
  ブリッジ・ギャラリー (サンフランシスコ)
1981.82.83.85.87.88 ギャラリー手 (東京)
1981 ブリッジ・ギャラリー (サンフランシスコ)
1982 ギャラリーユマニテ (名古屋)
1983 ギャラリー手 (東京)
1984 大丸美術ギャラリー (高知)
1985 ギャラリー手 (東京)
1987 ク・クワギャラリー (ニュージャージー)
  上通ギャラリー (熊本)
  盛岡クリスタル画廊 (盛岡)
1988 ギャラリーおいし (福岡) 
  ギャラリーたびお (札幌)
1989 ギャラリー16 (京都)
  えだ画廊 (大分)
  札幌筑後画廊
(福岡)
  アートプラザ (札幌)
1990 TEMPORARY SPACE 003 (札幌)
1991 ギャラリーNAF (名古屋)
  ギャラリー洋子 (山口)
1992.93 プラザ・ギャラリー (東京)
1992 八代ギャラリー8 (熊本)
1994 海文堂ギャラリー (神戸)
  ギャラリー0
(ゼロ)
  ウェイブ (大阪)
  岩田屋美術ギャラリー (熊本)
1995 画廊梵天 (山口)
1996 ギャラリーART (福井)
1997 ギャラリーKISS (岡山)
1997.99 ホワイトギャラリー (鹿児島)
1998 コンティネンタルギャラリー (札幌)
1999 ギャラリー555 (ニューヨーク・ソーホー)
  ギャラリーシーズ (旭川)
2000 ホワイトギャラリー (鹿児島)
  熊本県立美術館・分館 (熊本)
  つなぎ美術館 (熊本)
  不知火町立美術館 (熊本)
  一畑百貨店 松江店 (島根)
2002 ギャラリー シエール (栃木)
  島田美術館 (熊本)
  阿蘇白水郷美術館 (熊本)
  一畑百貨店 出雲店 (島根)
  一畑百貨店 松江店 (島根)
2003 ギャラリー美術世界 (投稿)
  ホワイトギャラリー (鹿児島)
2004 可児市 文化創造センター (岐阜)
  East Hawaii Cultural Center (ハワイ)
2005 愛知万博「2005年日本国際博覧会」 (名古屋)
  法然院・南書院 (京都)
  ギャラリー美術世界 (東京)
  ホワイトギャラリー (鹿児島)
 
坂口登とイサムノグチ (ニューヨーク)
 
 
ブロードウェイに立つ坂口登
 
 
 グループ展 

1971
「カリフォルニア現代美術作家展」 サンフナンド州立大学美術館 (カリフォルニア)
1972 "Contemporary art : 10selected young Americans" サザン・メソジスト大学美術館 (テキサス)
1973 "Wxhibition of Eiht West Coast Artists" シリアス・ギャラリー (ロサンゼルス)
  「カリフォルニア現代美術作家展」 ブランド・アートセンター美術館 (カリフォルニア)
1974 "Pan Pacific Contemporary Art Exhibition" Qギャラリー (ロサンゼルス)
1975
「アメリカ現代美術作家展」 ポツダム州立大学美術館 (ニューヨーク)
  「ニューヨーク現代美術作家展」 ノベギャラリー (ニューヨーク)
1979 「アメリカ現代美術作家展」 ワールド・トレードセンター (ニューヨーク)
1980 "Exhibition of Six Gallery Artists" アレクサンダーミリケンギャラリー (ニューヨーク)
1981 「原アニアルU」 原美術館 (東京)
  "Exhibition of Six Gallery Artists" アレクサンダー・ミリケンギャラリー (ニューヨーク)
  「コロンビア ビエンナーレ国際作家展」 メデリン芸術ビエンナーレ (メデリン)
1982 "Exhibition of Three Gallery Artists" アレクサンダー・ミリケンギャラリー (ニューヨーク)
1983 「今・アート最前線」 伊勢丹美術館 (東京)
1984 「10人の現代美術作家達」 ジョン・ワナメーカー・デパートギャラリー (フィラデルフィア)
  "Contemporary Art Japan" 西部美術館 (東京)
1985 「ニューヨーク現代美術10人展」 ブルミングデール・デパートギャラリー (ニューヨーク)
  「国際現代美術作家展」 韓国文化センター美術館 (ニューヨーク)
1986 「ニューヨーク作家8人展」 インターナショナルギャラリー (ニューヨーク)
1987 今日の作家1987"位相"展 横浜市民ギャラリー (横浜)
  斎藤豊作と日本の点描 埼玉県立近代美術館 (埼玉)
1989 現代イメージV「構築と解体のヴィジョン」    
  "Image of Today V:Vision beyond Construction for Deconstruction" 熊本県立美術館・本館 (熊本)
1991 20世紀 日本の絵画 ふくやま美術館 (広島)
  ニューヨーク作家八人展 ギャラリーデイヴィッド (ニューヨーク)
1992 EXISTENCE NOW N.Y.C 日本領事館 (ニューヨーク)
1995 日本の現代美術 ふくやま美術館 (広島)
2001 現代のイメージV「絵画の現代進行形−絵が解き放たれるとき」    
  "Image of Today X:Painting beyond Formalism for Interactionism" (熊本県立美術館・分館) (熊本)
2002 ニューヨーク現代美術作家3人展 倉敷市立美術館 (倉敷)
2004 金昌烈・関根伸夫・坂口登−三人展 ギャラリー美術世界 (東京)
2005   マーガレット・サッチャーギャラリー   (ニューヨーク)
 
 
 国際ビエンナ

1975
第2回イギリスドローイングビエンナーレ (イギリス)
1976
第5回イギリス版画ビエンナーレ (イギリス)
  第6回クラコウビエンナーレ (ポーランド)
1977
第3回ウィーングラフィックビエンナーレ (オーストリア)
1981 メデリン芸術ビエンナーレ (コロンビア)
 グラント
ニューヨーク州ファローシップ (CAPS)
カリフォルニア州立大学奨学金  
ロサンゼルス市奨学金  
グランデール・ホーム・セイビングス大賞  
   
   
 所蔵

アルコ・コレクション (ロサンゼルス)
グレンデール・ホーム・セイビング銀行 (グレンデール)
ジェーン・ホームインテリア (ニューヨーク)
ジョージ・カネコインテリア (ロサンゼルス)
ユージン・シュワルツコレクション (ニューヨーク)
サンデ・メリケンコレクション (ニューヨーク)
マイケル・シュワルツコレクション (ニューヨーク)
アガスト・ゴメス博士コレクション (ニューヨーク)
原美術館
(東京)
横浜市民ギャラリー (横浜)
ふくやま美術館 (広島)
旭川グランドホテル (旭川)
つなぎ美術館 (熊本)
不知火町立美術館 (熊本)
阿蘇白水郷美術館 (熊本)
   
   
 壁画

ユージン・シュワルツ邸
(ニューヨーク)
ジュリー・ブライス邸 (ニューヨーク)
エレン・シュワルツ邸 (ニューヨーク)
源氏レストラン (ボストン)
フレッド・マーチ邸 (ニューヨーク)
ハーブ・ミラー邸 (ニューヨーク)
八代通町ミュージアムストリート (熊本)
観月坂モニュメント
(高知)
ソラリアプラザ(イベント) (福岡)
浅草リタイヤメントセンター (東京)
 Education

1971
Chouinard Art Institute B.F.A
1973
California Institute of Arts M.F.A
     
     
 Selected Exhibitions
1972 Southern Methodist University Museum
10 Calif
Artists, Dallas, TX
1973 Cirrus Gallery New York
1975 Potsdam State University N.Y. Artists New York
1978 Nobe Gallery New York
1981 Hara Museum of Contemporary Art Tokyo (Japan)
1983 Isetan Dept., Museum Tokyo (Japan)
1984 John Wanamaker Dept Philadelphia (PA)
1985 Korean Cultural Center Museum New York
1987-81 Alexander Milliken Gallery New York
1987 Saitama-Ken Museum Saitama (Japan)
  Yokohama City Cultural Museum Yokohama (Japan)
1989 Kumamoto-Ken Museum Kumamoto (Japan)
1991 Fukuyama City Museum Hiroshima (Japan)
1992 Existence Now New York
1995 Fukuyama City Museum Hiroshima (Japan)
1997 Kumamoto-Ken Museum Kumamoto (Japan)
1998 Sato-Toyama Museum Toyama (Japan)
2001 Kumamoto Prefectural Museum of Art Kumamoto (Japan)
  Image of Today V Japan
     
1977to1988 Assistant to Isamu Noguchi
 One Man Exhibitions

1973
Q Gallery Los Angeles (CA)

California Institue of Arts CAlifornia (CA)
1977 Nobe Gallery New York
1979 Alexander F. Milliken Gallery New York
1981 Bridge Galley San Francisco (CA)
1982 Humanite Galley Nagoya (Japan)
1987 Gallery Ku-Kuwa Jersey City (New jersey)
1981
- 88
Galery Te Tokyo (Japan)
1988 Gallery 16

Kyoto (Japan)

1990 Temporary Space 003 Sapporo (Japan)
1991 Gallery Naf Nagoya (Japan)
1994 Gallery 0 Osaka (Japan)
1995 Gallery Bon-Ten Yamaguchi (Japan)
1996 Gallery Arts Fukui (Japan)
1997 Gallery K.I.S.S Okayama (Japan)
1998 Gallery Cosmo Toyama (Japan)
1999 Gallery 555 Broadway N.Y.C. (N.Y.)
2000 Gallery Kuranuki Osaka (Japan)
2001 Kumamoto Preectural Museum Of Art Kumamoto (Japan)
  Stunagi Museum of Art Kumamoto (Japan)
  Shiranui Choristu Museum of Art Kumamoto (Japan)
  Gallery K Kurashiki Kurashiki (Japan)
  White Gallery Kagoshima (Japan)
2002 Shimada Museum Kumamoto (Japan)
  Aso Hakusuigoh Museum Kumamoto (Japan)
2003 Gallery BIJUTSU SEKAI Tokyo (Japan)
  White Gallery Kagoshima (Japan)
2004 KANI PUBLIC ARTS CENTER Gifu (Japan)
  East Hawaii Cultural Center Hawaii
2005 EXPO 2005 AICHI JAPAN Nagoya (Japan)
  HONEN-IN Kyoto, (Japan)
  Gallery BIJUTSU SEKAI Tokyo (Japan)
  White Gallery Kagoshima (Japan)
     
 
COPYRIGHT (C) 2005 Susumu SAKAGUCHI PAINTING. ALL RIGHTS RESERVED.